季節によって変わる頭皮ケア!おすすめの育毛剤も紹介します

OOK9V9A6906_TP_V

寒い冬の場合は、髪が乾燥して髪同士がパサつきます。自分の手で触っても潤っている場合では指先に引っかかるような感じはしません。

しかし、乾燥している場合は指先にどうしても引っかかる感じするという経験をした人はいるかと思います。しまいに、無理にそのまま触り続けると1~2本ぐらい抜けてしまう事態が起こりやすいです。

残念ながら抜けてまった髪の毛はどうすることもできません。ならば、今後抜けにくくするにはどうするのかを自分で簡単にできる対策として以下に紹介いたします。もちろん、日頃からの頭皮ケア(清潔感を保つこと)が前提条件となります。清潔感のある方の髪とそうでない方の髪の差は一目瞭然です。

また、季節によってケアの仕方を変えてみて自分にベストな方法を試行錯誤するのも良いでしょう。

 

1.シャンプーだけでなく週に1,2回はトリートメントを行う。これは、するとしないで大違いです。髪を乾かした後で実際に触っていただくと分かります。

2.髪を乾かす際には、最初に温風、乾いてきたら冷風に切り替える。こうすることで髪のキューティクル剥がれと水分の蒸発を最小限に食い止めることができ、抜け毛を未然に防止できます。必ずお風呂上りに直ちに髪を乾かしてください。決して、何分経ってから髪を乾かすということはしないでください。

3.寝不足厳禁、偏食厳禁と心得て。寝不足では体調がすぐれず、身体自身に悪影響を及ぼします。したがって、頭皮にも大変良くないと考えています。

 

また、偏食(インスタント類など)過剰な摂取は控えてまんべんなく食事をすることを心掛けましょう。あとは気になる方は市販の育毛剤も取り入れてみるといいでしょう。劇的な変化を期待すると落胆することになりかねませんが、何かしらの効果は必ずあるといっていいほど最近のものは優秀なものが多いです。

ちなみに私のおすすめをいくつかご紹介しておきます。チャップアップ、ブブカ、イクオス、この3つはサプリメントともセットになっていてお買い得です。内側と外側両方からのケアができるので、育毛剤だけのものよりもより効果が期待できるでしょう。

 

自毛植毛で薄毛改善後、フィンジアで現状維持を目指す!

max76_gjmax20140531_tp_vじぶんは現在37歳の男性会社員をおこなっております。

自分は現在ではフサフサな頭をしておりますが、少し昔はほんとうに薄毛の人間でありました。我家では薄毛の家系であり、自分だけでなく、兄や弟、そして父親なども現在では薄げになっております。

ほかの家族たちはさほど気にしていなかったようですが、自分だけはほんとうに我慢をすることができませんでした。そして、自毛植毛クリニックに足を運ぶことにしたのです。

育毛剤なども考えましたが、100%効果を発揮するとは限らない、信用をすることはできないと思い、少々費用のほうはかかってしまいますが、自分は自毛植毛クリニックを受けることにしたのです。その治療の甲斐あって改善をすることができました。

現在では女性にもいろいろともてるようになり、交際をさせていただいている彼女などもおります。薄毛治療をおこなって自分としてはほんとうによかったと思っております。これからは自分の髪の毛を大事にします。

現在ではじぶんは費用のことなども考えて、コストを抑えるため、育毛剤を活用させていただいております。自分としてはできればでありますが、植毛をずっと継続をしたいと考えておりました。ですが、収入が少ないことなども考えてると育毛剤を活用させていただいております。

今使っているのはフィンジアというスカルプエッセンスで、人気も高く知っている人も多いと思います。値段はそこそこ高いですが、これまで使ってきたものに比べるとかなり効果はあるのではないかと自分では感じています。フィンジア ブログなどでも色んな人が高評価をつけているので、気になる人は調べてみてください。

薄毛は男性にとってですが、ほんとうに現代病のようなものであります。じぶんも皆様もこれからも継続をして、改善をおこなっていけるようにがんばっていきましょう!

 

ワキ汗は脇毛処理で解決!脱毛サロンに通った話

iuhgyftdrsedrftgy_TP_V

私は以前、ワキ汗に悩んでいました。特に夏になるとワキ汗の臭いが強く、洋服のワキの部分が汗で濡れたようになったり、汗の臭いで周囲に不快な思いをさせていないか不安になったりしていました。

ある時、ワキ汗の臭いはワキのムダ毛を処理することで軽減されるということを知りました。ワキにはねっとりした汗を出す汗腺がたくさんあり、ワキにムダ毛があると細菌が繁殖しやすくなりワキ汗の臭いも強くなるのです。もしワキにムダ毛がなければお風呂で洗いやすく乾燥しやすいため、ワキ汗の臭いも改善されるのです。

これを知ってからワキのムダ毛を自己処理することにしました。脱毛クリームを使ったりカミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりと色々な方法を試しましたが、肌が荒れてしまったり、毛が黒く太くなってきたりして自己処理に限界を感じました。そこで思いきって脱毛サロンに行ってみることに。

脱毛サロンに通い始めて半年くらいから毛がだんだんと少なくなり、ワキ汗の臭いも改善されてきたような気がしました。脱毛をする前は頻繁に汗ふきシートを使い、制汗剤をつけ直していたのですが、脱毛が終わった今ではお風呂上りに制汗剤をつけておけば翌日は効果が持続します。脱毛してワキがキレイになり、ワキ汗の臭いも改善されて一石二鳥でした!

同じ悩みを持つかたにはぜひオススメです。

また、私が通っていたサロンでもう一つ気になったのが顔脱毛です。顔産毛を脱毛するだけで、肌がワントーン明るくなってお化粧のりも良くなるということでしたので、今後お財布と相談しながら余裕があれば検討してみたいと思います。

三ノ宮 顔脱毛

精力旺盛な男ほどハゲやすい?男性ホルモンと薄毛の関係

bs150404228282精力が旺盛な男性ほど薄毛になりやすい、つまりエロい男の方がハゲやすいといった都市伝説がありますが、あれはまったくのデマだということはすでに証明されています。

そもそもなぜそのような間違った噂が流れたのかというと、薄毛の原因が男性ホルモンであるテストステロンにあるというところから派生しています。

脱毛の元凶として知られるDHTですが、これは男性ホルモンと還元酵素の結合によって生成されています。つまり、男性ホルモンが多いほどDHTが生成されやすくなり、結果的に薄毛に繋がりやすいと言われているわけです。

男性ホルモンと精力の関係性

つまり、薄毛になりやすい=男性ホルモンが多い=精力が旺盛、このような構図が生まれるわけですが、これはあながち間違ってはいません。ただ、精力を我慢することによって男性ホルモンが増えたり減ったりすることはないということが、外国のある実験データに残っているそうです。

また、男性ホルモンの量が多いと必ずしも薄毛になるのかというと、そうではありません。DHTには感受性というものがあり、感受性が高い人ほどDHTの影響を受けやすい、感受性が低い人ほどDHTの影響を受けにくいというのがあります。これがいわゆる遺伝の影響というやつで、いくら男性ホルモンが多くてもハゲない人はハゲないし、男性ホルモンが通常または少量でも、ハゲる人はハゲるのです。(参考サイトはこちら)

なので、精力が高い低いは薄毛に関連する要因の一つではありますが、それがすべてを左右するわけではないということですね。あまり精力を我慢しすぎてストレスになっては元も子もないので、変な噂に惑わされないようにしてストレスもうまく発散しましょう。