洗顔フォーム?それとも洗顔石鹸?効果の違いはなに?

Dollarphotoclub_55909331

洗顔には大きく分けて2種類、「洗顔フォーム」と「洗顔せっけん」があります。この違いは、配合されている成分によって分けられます。

その成分とはスバリ、「合成界面活性剤」

簡単にいうと、水と油の境界面を混ぜて乳化し、油汚れを取る洗剤のことです。

洗顔料には固形タイプやクリーム、ジェル、パウダー、半練り、リキッドなど色々な形状があって、固形だからせっけん、そうじゃないからフォームというわけではないんですね!

「美肌への近道は洗顔から」とはよく言われますが、ようは自分に合った洗顔料を見つけることはとても大切なことなんです。

今回は、その2つの効果の違いについて詳しく説明していきます!きっとあなたに合った洗顔料が見つかるはずですよ♪

 

あなたは洗顔石鹸派?

洗顔せっけんの一番の魅力は、天然成分を中心に作られていることでしょうかね。ケミカルなものが排除されているので、敏感肌の方でも安心して使えるのが特徴です。

洗顔せっけんで洗うと、お肌が持っている本来の力を取り戻し、細胞が活性化され、お肌の内側から生き生きしてくるのを実感しやすいんですね。

これは、洗い上がりが「アルカリ性」に傾くからと言われています。

テレビCMなどでよく聞く「弱酸性」という洗顔、これは洗い上がりのツッパリ感が少なく、しっとりスベスベの手触りが人気ですが、長期間使い続けると肌が弱くなってしまうこともあるんです!ちょっと驚きですよね?

肌は本来「弱酸性」・・・

だから、あえて「アルカリ性」に傾かせることで、お肌が持っている様々な機能を呼び覚まし、強く自立させる必要があるんですって。

香りに関しても、ヘンに香料などを使わず自然の香りを生かしているものが多く、ヘルシー&ナチュラル志向のあなたにはおススメの洗顔料になります!

 

あなたは洗顔フォーム派?

洗顔フォームは泡立ちが良いため、たっぷりの泡でお肌を包み込んで洗えるのがいいですよね!また、洗い上がりのツッパリ感が少ないのも特徴です。

これは、保湿成分が配合されているからで、各メーカーによってさまざまな保湿成分を入れていますので、よく見て選んでくださいね!

おススメは、天然保湿成分や敏感肌でも使えるミツロウやグリセリンなどを配合した洗顔料です。

洗顔フォームには、先にお話しした「合成界面活性剤」が配合されているものがほとんどですが、最近は肌に悪影響を及ぼす「石油系」ではないものが多いようです。

簡単でお手頃価格なものが多く、洗浄力も高い洗顔フォームは、愛用者がいっぱい!家族みんなで同じ洗顔料が使えれば、忙しいママさんにとっても嬉しいアイテムですね♪

参照サイト 人気のライスフォースの口コミ

コメントを残す