糖尿病の症状がないことが特徴?

84dfc8d5d5246b3b8eafbf75039e743f_s

糖尿症の症状は、自分では気づきにくく、最初の頃は、検査の血糖値が多少高いくらいで、症状のまったくない人がほとんどです。ですから、医師に糖尿病と診断されても、真剣に治療に取り組まない人も多く、それが糖尿病を進行させてしまいます。

糖尿病は症状がないことが特徴で、実際に痛みが出るとか、熱が出る、腫れる、などといったことがありません。そのために、検査で数値が高い、と言われても、検査を受けずにいたり、そのまま放置してしまいがちです。

ところが、進行するにつれて、徐々に糖尿病の症状が現れてきます。症状を自覚する頃には、かなり病気も進行し、糖尿病の合併症を引き起こしている場合も多いのです。のどが異常に乾き、水分が欲しくなる。尿の量や回数が多くなる。体重が急に減少する。全身がだるく、倦怠感が取れない。痛風の症状

このような症状が現れてきたら、糖尿病の血糖値がかなり高くなっている証拠です。放置していては大変なことになりますので、すぐに医療機関を受診し、治療を始める必要があるでしょう。

自覚症状がないからといって、検査の結果を楽観視せず、少しでも糖尿病の疑いがある場合は、できるだけ早く詳しい検査を受け、同時に生活習慣をあらためることなどが大切です。

コメントを残す