市販薬や生活習慣の改善でニキビ対策!!

34f38538a15d88bcfed36e723827cc9b_s

 

ニキビ対策をする場合には、まず、自分の生活を見直すところから始めましょう。生活習慣の乱れは、肌荒れなどの原因にもなるため、ニキビができやすくなる場合があります。

ホルモンバランスが乱れるような生活習慣をしている場合には、できるだけ改善していけるように心がけましょう。

不規則な生活、睡眠不足などはホルモンバランスを乱します。そのため皮脂の分泌量が増え、毛穴が詰まりやすい状態になり、ニキビができやすい傾向があります。

 

対策をするならば、規則正しい生活をすること、しっかりと睡眠を取るように心がけることが大切です。また、洗顔やお風呂で肌についた汚れや余分に分泌された皮脂を洗い流すことで、毛穴の詰まりを防ぐことも有効な手段です。

 

また、生活習慣の改善だけでは、治りが悪い場合には、市販薬を試してみるのもいいでしょう。自分の肌の状態にあった市販薬ならば、ある程度効果も期待できるでしょう。ニキビに効く市販薬で有名なのはテラコートリル軟膏ですね。

自分で対処をしてそれでも症状がなかなか改善されない場合や、悪化してしまった場合には、できるだけ早めに医療機関で治療を受けるようにしましょう。

 

ニキビが悪化してしまうとニキビ跡が残り、肌の状態が元の肌のようにならずに、きたなくなったり、クレーター状のようなへこみなどができてしまう場合があるので、ニキビができた場合には、悪化させないことも重要なポイントです。

肌の炎症などは、できるだけ刺激しないことが大切です。むやみに触ったりしないようにすることも対策の一つです。

コメントを残す